Member人物紹介

田中佛具店を彩る様々な田中たち。

田中雄太

Slave(former chief of Slave)Web designer, Writer, Director

Tanaka Yuta田中 雄太

劇作・演出家、本間正史氏に師事。'95年、第41回全国高等学校演劇大会にて脚本・演出・主演の『ゆうたっちょの中学生絵日記』が最優秀賞、脚本賞受賞。上京後の'97年に『美しく咲くなら』を上演。'00年には映像作品『ロードムービー(仮)』を制作。

'05年、STARMANに外部メンバーとして合流。'07年、『Soul intro and the Chicken』で演出を担当。 '09年、越後妻有アートトリエンナーレ2009出展作品『しゃったぁず・4』を制作。芸術祭を皮切りに各地の映画祭で上映、'10年に一般公開。'11年、KAIR(神山アーティスト・イン・レジデンス)で制作された『神山農響楽団』に映像監督として参加。

また、'01年ミュージシャンのオフィシャルサイト制作を行うことになり、ウェブデザインの仕事を始める。フリーランスとしてFlash中心の個人サイト・企業サイトの制作、舞台・映像の制作・スタッフなどを行う。'07年、フリーランスを辞め一般企業で営業として3年ほど働く。

'09年、証券会社のサイト制作をきっかけに再びフリーランスに戻る。同年、東京都から新潟県に移住し、官公庁・上場企業・中小企業のコーポレイトサイト・キャンペーンサイト等を手がける。制作はFlashから、wordpress等のCMS、PHP・Perl・javascript等のWebプログラミングに軸足を移す。

その昔の田中たち。

Tanaka Yoko田中 陽子

田中陽子

田中実の不在時には職人達の中心となり田中仏具店をまとめ上げ、仏壇・仏具の製造以外にも寺社仏閣の修復なども手がける。父から次世代を担う職人として巧みの技術を受け継いだが、1999年「やんだぐなった(方言でやる気がなく嫌になったの意)」の一言で、田中仏具店を廃業させる。現在もやる気はない。

Tanaka Yukiko田中 幸子

田中幸子

主に金箔押師として仏壇佛具の制作に携わるかたわら、地元企業やデザイナーなどの伝統工芸品、市のモニュメント制作などにも金箔押師として関わる。田中仏具店を廃業させる際「もう手で作る時代ではない」と反対することはなかった。その後大型百貨店などで働き出し、職人として働くことに興味はないらしい。

Tanaka Ei田中 エイ

田中エイ

旧・田中仏具店の店長さん。おせっかいやきで何にでも首を突っ込みたがり、いつも余計な一言。店内は少々雑然としていたが、約三十年に渡り販売店を守り抜く。通勤の際は自宅から店舗まで2Kmの道のりを毎日歩いて通っていた。しかし市の道路拡張政策により店舗が道路に変わり、それを期に引退。2014年没。

Tanaka Minoru田中 実

田中実

農家の生まれ。幼少より木工職人の元で丁稚奉公として働く。1944年、田中製作所を立ち上げ戦闘機の製造などに従事。戦後、田中仏具店に屋号を変え仏壇佛具の製造販売を行う。いち早く塗装の機械化を行うなどの先見性で、田中仏具店の全盛期を築く。しかし体が弱く、入退院を繰り返すことが多かった。1989年没。